シェラトンラグーナグアムリゾートのクラブラウンジを使ってみました

Advertisement

先日グアムに旅行に行った際、シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾートに滞在しました。ホテルを選ぶ際は、いつも最安の部屋を選んでしまいますが、今回は、朝食に使えることを考慮すると、クラブラウンジが使えるグレードの部屋を選択したほうが安上がりだったので、この部屋を選択しました。

10Fに入口があります。ドアにICカードをかざして入室する形式になっています。

1Fには30席ほどレストラン形式で席が並んでいます。

メゾネットタイプの2Fはファミリーなどで落ち着いてくつろげるようになっています。

2Fへの階段は非常に急です。

食事の時間は非常に込み合っていて撮れなかったので写真はありませんが、朝食は日本式のご飯や味噌汁、洋食のパンやスクランブルエッグ、ソーセージなどの両方に加えて、ヨーグルトやフルーツが提供されていました。

夕食(バータイム)は、あくまで軽食ということで2-3品のおかずが提供されていましたが、中華料理、アメリカ料理、東南アジア料理、日本料理などがローテーションで軽食として提供されているようでした。日本料理では煮物、中華料理ではシュウマイや春巻きなどが提供されていました。

飲み物は、ソフトドリンクの他、バータイムのみ、赤白のワイン、バドワイザーやミラーズのような缶ビールが冷蔵庫から出して飲み放題、セルフサービスでカクテルを作れるよう、ウイスキーやウォッカが並んでいました。

注意すべき点として、時間ぴったりで食事やお酒のサービスはなくなってしまうので、朝食、カフェタイム、バータイムの時間が終わってしまうとすぐに下げられてしまうので、時間には注意が必要です。

ちなみに、クラブラウンジを利用できないクラスの部屋でもビジネスセンターを利用する事ができますが、通常のホテルよりも充実した作りになっており、ネットサーフィンやちょっとした仕事もくつろいでできるようになっていました。

Advertisement

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする