キャセイパシフィック航空の特別機内食(Bland Meal)をオーダーしました

Advertisement

先日、キャセイパシフィック航空のCX565便(関西国際空港発、台北桃園空港経由、香港国際空港行)のエコノミークラスを利用しましたが、その際、特別機内食(Bland Meal, BLML)をオーダーしたので、どのようなお食事が提供されたのか、紹介したいと思います。

Bland Mealとは、胃腸疾患の患者向けに、香辛料や揚げ物など、刺激物の少ないお食事を中心にした特別機内食で、特にアジア路線などで提供される、強い香辛料を含んだお料理が苦手な方にはおすすめです。

こちらが、関西→台北区間で提供された特別機内食です。白身魚にトマトソースがかけられたものと温野菜、生野菜、ゼリーの組み合わせです。

以下は、台北→香港の区間で提供された機内食です。ほぼ同じようなメニューでした。

一方、通常の機内食(関西→台北)はこちら、カツ丼とうどんです。

台北→香港では、強めの香辛料の入ったチキンの魯肉飯が提供されましたが、このようなスパイスの効いたお料理が苦手な方は特別機内食をリクエストしたほうが良いかもしれません。

Advertisement

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする